Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミサイル対策に保育所・幼稚園・学校を休む判断基準はコレ!

このカテゴリの新着記事
今日のランキング

「今日ミサイルが発射されるかもしれない」緊迫感の感じ方は人それぞれなので保育所や幼稚園、学校を休む判断はとても難しいです。今回はこどもを守るために休む判断基準について

・安全性の高い建物
・頼れる大人の有無
・怪我の手当や予防

とこの3つをお届けします。

■ミサイル対策として保育所や幼稚園、学校を休ませることについて

ミサイル対策として保育所や幼稚園、学校を休ませることは「大袈裟」「何もなかったら恥ずかしい」などの声もあります。しかし、不安がある中こどもを送り出し、何かあった際に後悔してしまってからでは遅いです。

大切なのは「こどもを守る」ということなので、危険を感じる場合の対策はとても大切です。ただし、「いつ飛んでくるかわからないから」と緊迫感の少ない中、毎日休むようなことはおすすめしません。今回お届けする内容はあくまで、ミサイルが一度発射されて「もしかしたらもう一回飛んでくるかも知れない」や予告や予兆があって「飛んできそう」のような日にお休みをする判断基準です。

「大切なこどもを守るためのミサイル対策として」と連絡をするのに抵抗を感じる方もいると思います。しかし、そのような日におやすみの連絡をして「絶対大丈夫だから休むのはおかしい」といわれることはまずないと思います。後悔することよりも守ることを優先しましょう。

■ミサイル対策に保育所・幼稚園・学校を休む判断基準とは?

愛するこどもを守るために保育所や幼稚園、学校を休む判断基準はこれです。

・安全性の高い建物
・頼れる大人の有無
・怪我の手当や予防

では、詳しく解説していきます。

・安全性の高い建物

こどもを守るために保育所や幼稚園、学校を休む判断基準は、なるべく安全性の高い建物の方を優先することです。

ミサイルが飛んできた際は屋内や地下に非難するのが良いと言われています。その際の建物は少しでも丈夫でミサイルによる衝撃波の被害を抑えられるところを選ぶようにしましょう。

具体的には「爆風によりガラス片から身を隠す場所があるか」「怪我をしないために身を包むものがあるか」「建物が崩れてきた際に頭上を守る柱やテーブルがあるか」などです。

学校であれば机の下に入ることができますが、ガラス片から守る対策は必要だと思います。幼稚園や保育所はお昼寝布団があるためガラス片の対策はできても、建物によっては崩れた際の頭上を守ることが難しい可能性があります。自宅との状況を比べて少しでも安全を確保できる場所にいるように心がけましょう。

・頼れる大人の有無

こどもを守るために保育所や幼稚園、学校を休む判断基準は、こどもの自立度合いやその場に頼れる大人がいるのかです。

ある程度自立をしている学生は危険を感じると自らの意思と知識で身を守ることが出来るため、こどもと大人の割合はあまり関係ないと思います。自分の命の守り方について、日頃から避難方法や生存確率を上げる方法を伝えておくようにしましょう。

保育所や幼稚園などに通っている乳幼児の場合は身の守り方や生きる知識に不安が残ります。こどもの人数に対し大人が著しく少ないと、こどもたちがパニックを起こしてしまった場合などに対処が難しくなる可能性があります。まだ自分で自分の身を守ることができないこどもたちは、保護者がそばにいることで安心することや庇うことができます

また、「生存確率を上げる知識のある大人がいる」ことはこどもを守る上でとても重要です。こどもの成長や環境を考慮して判断を行いましょう。

・怪我の手当や予防

こどもを守るために保育所や幼稚園、学校を休む判断基準は、もしものときの怪我の手当てや予防を行える環境です。

「ガレキやガラスで怪我をしてしまったら」「体調不良を起こしてしまったら」などを未然に防ぐことや手当て、処置の仕方はとても重要です。けが人が多い際はすぐに処置を受けることができないかもしれません。その際にある程度の知識をもって対応できる方がいると安心です。

■まとめ

こどもを守るために保育所や幼稚園、学校を休む判断基準を簡単にまとめると、

・自宅と行き先の建物の安全度合いを比較する
・こどもの成長度合いや頼れる大人の有無を考える
・「もしも」の予防や手当ての出来る方の有無を考慮する

とこのような形になります。どちらが安全というのは一概に言えませんが、大切なこどもを守るために少しでも安心できる場所を優先させましょう。