【子どもの食物アレルギー】そばアレルギーの特徴と注意点

このカテゴリの新着記事

まだデータがありません。

この記事では子供の食物アレルギーについて、気になるそばアレルギーの特徴と注意点についてお届けしています。

子どもの食物アレルギーでも重篤症状が出やすいと言われているそばアレルギーのポイントについて

・アナフィラキシーショックに要注意

・食べられるようになりにくい

・外食時は特に注意が必要

について詳しくお届けします。

■そばアレルギーの特徴とは

そばアレルギーは食物アレルギーで少量でも重篤な症状を引き起こしやすいアレルギーのひとつと言われています。この3つのポイントについて詳しく解説していきます。

・アナフィラキシーショックに要注意

・食べられるようになりにくい

・外食時は特に注意が必要

・アナフィラキシーショックに要注意

子どもの食物アレルギーで重篤な症状が出やすいと言われているそばアレルギーは、少量の摂取でもアナフィラキシーショックを起こす可能性があるため注意が必要です。

そばは日本食として親しまれている食品です。麺としての「そば」の他にも、「そば粉」を使った食品から「そば茶」などの飲み物にまで使用されている食べ物です。

そばアレルギーは、食物アレルギーの中でも少量で重篤な症状が出やすいと言われております。加工食品のアレルギー表示もされています。アナフィラキシーショックなどを引き起こしてしまう可能性があるため、誤って摂取してしまわないように注意しましょう。

・食べられるようになりにくい

子どもの食物アレルギーで特に重篤な症状が出やすいと言われているそばアレルギーは、発症した後は食べられるようになりにくいアレルギーです。

そばアレルギーは年齢に関係なく発症すると言われています。また、月日が経っても耐性が出来にくく、食べられるようになりにくいアレルギーと言われています。

アレルギーになってから時間が経ったから「また食べられるのでは」と試してしまうことは、重篤な症状を引き起こしてしまう可能性があるため絶対にやめましょう。

試す前には必ず医師に相談し、アレルギー検査を受けて確認してみるようにしましょう。

・外食時は特に注意が必要

子どもの食物アレルギーで特に重篤な症状が出やすいと言われているそばアレルギーは、粉末の吸引だけでもアレルギー症状を引き起こす可能性があることです。

そばアレルギーはそば粉の吸引だけでもアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性があります。そばを取り扱っているお店での外食は特に注意が必要となります。

そばを扱っているお店では、そばとうどんのゆで汁を一緒に使っている場合があります。このようなお店でうどんを食べてしまうと、混入したそばを食べてしまいアレルギー症状を引き起こす可能性があるため注意しましょう。

また、そば打ちなどの際に空気中に飛んだそば粉を鼻から吸引することでもアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性があります。外食の際のお店選びも気を付けて、誤って摂取してしまわないように心がけましょう。

■まとめ

子供の食物アレルギーで特に重篤な症状が出やすいと言われているそばアレルギーについて簡単にまとめるとこのような形になります。

・少量でも重篤症状を起こしやすいため、アナフィラキシーショックに要注意

・月日が経過しても食べられるようにはなりにくい

・ゆで汁や粉末の吸引を避けるなど、外食時は特に注意が必要

理解を深めて安全で健康に過ごすことができるように心がけていきましょう。