【子どもの食物アレルギー】鶏卵アレルギーの特徴と注意点

このカテゴリの新着記事
ランキングTOP10

この記事では子供の食物アレルギーについて、気になる鶏卵アレルギーの特徴と注意点についてお届けしています。

子どもの食物アレルギーで多いと言われている鶏卵アレルギーのポイントについて

・鶏肉や魚卵は食べることができる

・バランスの良い食事で補うことができる

・加熱すると食べられる場合もある

・アレルギー表示は必ずチェックする

について詳しくお届けします。

■鶏卵アレルギーの特徴とは

鶏卵アレルギーは食物アレルギーで一番多いと言われています。この4つのポイントについて詳しく解説していきます。

・鶏肉や魚卵は食べることができる

・バランスの良い食事で補うことができる

・加熱すると食べられる場合もある

・アレルギー表示は必ずチェックする

・鶏肉や魚卵は食べられるの?

子どもの食物アレルギーで多いと言われている鶏卵アレルギーは、鶏肉や魚卵を食べることが可能です。

鶏卵に含まれているたんぱく質と鶏肉や魚卵に含まれているたんぱく質は種類が違うため、鶏卵アレルギーだからと鶏肉や魚卵まで控えなくても大丈夫です。

必要最小限の食品を避けることで、栄養バランスや献立メニューの幅を広げることができます。アレルゲンを摂取してしまわないように、担当の医師と相談して食べられる範囲をしっかりと理解していきましょう。

・鶏卵の栄養の代わりになる食品は?

子どもの食物アレルギーで多いと言われている鶏卵アレルギーは、バランスの良い食事で補うことができます。

たんぱく質が豊富に含まれており栄養たっぷりな鶏卵ですが、食べられなくてもその他の食事をバランスよく摂取することで補うことができます。

子どもの成長に必要な鶏卵しか得ることが出来ない栄養素は特にありません。肉類や魚類、大豆製品のようなたんぱく質の含まれている食品を摂るようにし、バランスの良い食生活を心がけましょう。

・加熱すると食べられるの?

子どもの食物アレルギーで多いと言われている鶏卵アレルギーは、アレルギーの度合いによっては加熱すると食べられることがあります。

鶏卵アレルギーでは卵白に含まれている「オボアルブミン」「オボムコイド」の2つのたんぱく質が原因となっている場合が多いと言われています。

「オボアルブミン」は加熱することで変化し、アレルゲンではなくなります。そのため、鶏卵アレルギーの中の「オボアルブミン」にアレルギーを持っている場合は加熱することで食べられる場合があります。

しかし、加熱した鶏卵が食べられるからと「半熟卵」や「生卵」を摂取してしまうと、アレルギー症状を引き起こしてしまうことがあるため気を付けましょう。

また、加熱した鶏卵が食べられると加工食品を食べられる気がする方もいると思います。しかし、「マヨネーズ」「アイスクリーム」「マシュマロ」「カスタードクリーム」のような食品は加熱が足りずにたんぱく質が変化していない可能性があるため気を付けましょう。

・アレルギー表示は必ずチェックするものです!

子どもの食物アレルギーで多いと言われている鶏卵アレルギーは、様々な加工食品や給食、外食などに含まれている食品のため必ずアレルギー表示をチェックするように習慣をつける必要があります。

鶏卵は特に含まれやすい食品なため、購入前に必ずチェックを行う習慣を付けるようにしましょう。鶏卵は特定原材料として表示が義務づけられています。間違えて食べてしまわないように気を付けましょう。

■まとめ

子どもの食物アレルギーで多いと言われている鶏卵アレルギーについて簡単にまとめるとこのようになります。

・鶏肉や魚卵は食べることができる

・バランスの良い食事で補うことができる

・加熱すると食べられる場合もある

・アレルギー表示は必ずチェックする

・担当の医師と相談して食べられる範囲をしっかりと理解する

理解を深めて安全で健康に過ごすことができるように心がけていきましょう。