【子どもの食物アレルギー】ピーナッツアレルギーの特徴と注意点

このカテゴリの新着記事
ランキングTOP10

この記事では子供の食物アレルギーについて、気になるピーナッツアレルギーの特徴と注意点についてお届けしています。

子どもの食物アレルギーでも重篤症状が出やすいと言われているピーナッツアレルギーのポイントについて

・アナフィラキシーショックに要注意

・食べられる木の実もある

・落花生表記に気を付ける

について詳しくお届けします。

■ピーナッツアレルギーの特徴とは

ピーナッツアレルギーは食物アレルギーで重篤な症状を引き起こしやすいアレルギーのひとつと言われています。この3つのポイントについて詳しく解説していきます。

・アナフィラキシーショックに要注意

・食べられる木の実もある

・落花生表記に気を付ける

・アナフィラキシーショックに要注意

子どもの食物アレルギーで重篤な症状が出やすいと言われているピーナッツアレルギーは、誤って摂取してしまわないように注意が必要です。

ピーナッツアレルギーは重篤な症状が出やすいアレルギーとして知られているため、アナフィラキシーショックなどが起きやすい特徴があります。誤って摂取してしまわないように、アレルギー表示などをしっかりと確認しましょう。

ピーナッツは加熱することでアレルゲンが強くなると言われています。加熱しても食べられないことを頭に入れておきましょう。

・食べられる木の実もある

子どもの食物アレルギーで特に重篤な症状が出やすいと言われているピーナッツアレルギーは、ナッツではなく「ピーナッツ」が食べられません。

ピーナッツアレルギーになると豆類のピーナッツを避ける必要があります。中には、似たような分類に感じやすい「木の実」として、「カシューナッツ」「クルミ」「アーモンド」「栗」も食べられないと思っている方もいると思います。

ピーナッツアレルギーは木の実のアレルギーではないため、すべての木の実が食べられないというわけではありません。また、同じ豆類でもすべてが食べられないというわけでもありません。

担当の医師に相談しアレルギーのあるものだけを控えて、食べられるものを増やすように心がけましょう。

・落花生表記に気を付ける

子どもの食物アレルギーで特に重篤な症状が出やすいと言われているピーナッツアレルギーは、落花生もピーナッツに該当するため注意が必要です。

ピーナッツは様々な食品に使用されている食材なため、誤って摂取してしまわないように注意が必要です。アレルギー表記として「落花生」と記載されている場合もあるため、見逃してしまわないように気を付けましょう。

「加工食品」「お菓子」「カレールウ」「調味料」など一目でわかるものから気づきにくいものまで幅広く使用されています。購入する際や食べる前にはアレルギー表示を確認するように心がけ、最善の注意を行いましょう。

■まとめ

子供の食物アレルギーで特に重篤な症状が出やすいと言われているピーナッツアレルギーについて簡単にまとめるとこのような形になります。

・特に重篤症状を起こしやすいため、アナフィラキシーショックに要注意

・ピーナッツ以外の豆類、木の実類などは食べられる場合もある

・落花生表記や気づきにくい食品に気を付ける

理解を深めて安全で健康に過ごすことができるように心がけていきましょう。