Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ライティングのライターで時給1000円を超えるコツ!

このカテゴリの新着記事
今日のランキング

この記事では、内職として人気のあるライティングのライターが時給1000円を超えるコツについてお届けしています。

パソコンに向かった内職を行いたい方に人気なのか「ライティング」と言われる、ブログなどの記事を作成するお仕事です。

ライティングのお仕事をしている「ライターさん」で躓いてしまう理由は大きく分けてこの二つです。

・単価が安くて時給が低い

・単価は高いけど時間がかかる

ちなみに私が最初に始めた頃は「単価が安くて時給が低い」と感じていました。ライター活動開始から3ヶ月でコツを掴むと、急に「時給1200~」を維持して上を目指せるようになりました。

今回は皆さんのスキルが上がるように、ライティングの内職でライターが時給1000円を超えるコツについてお届けしていきます。

■ライティングの内職でライターが時給1000円を超えるコツとは

ライティングの内職でライターが時給1000円を超えるコツはこちらの3つになります。

・やる気を失わない

・文章構成をテンプレート化する

・時間の割り振りを決める

それでは詳しく解説していきます。

・やる気を失わない

ライティングの内職でライターが時給1000円を超えるコツは、やる気を失わずに書き続けることです。

ライティングを始めたばかりは思うように収入を得ることができない方が多いです。しかし、これは手や頭が慣れるまでの間の話です。

書き続けることでタイピング速度が上がります。スラスラと打てるようになることで記事を作成するスピードが上がるため、時給を上げることができます。

始めて数ヶ月は「見習いの期間」「練習の期間」と考えるようにし、言葉の引き出しを増やすことやスムーズな文章を学んで行きましょう。

・文章構成をテンプレート化する

ライティングの内職でライターが時給1000円を超えるコツは、文章の成り立ちが理解できたらテンプレートを作成することです。

書く記事のジャンルによって構成は変わります。自分の作成するものに合わせたテンプレートを作成しましょう。

全体の流れが定まることで、「ここにこんな感じの文章が来る」ということを考える時間を省くことができます。これにより時間も短縮されて統一感のある読みやすい文章作りに繋がります。

・時間の割り振りを決める

ライティングの内職でライターが時給1000円を超えるコツは、リサーチする時間や記事を打つ時間の割り振りを決めることです。

最初は1時間以上かかってしまう記事の作成も、時間を割り振ることで短縮していくことができます。目が慣れるまではリサーチにも時間がかかるため、「リサーチの時間」「タイトル決めの時間」「記事を作成する時間」に分けて考えましょう。

体が慣れてくると突然スピードアップして作成できるようになります。私の場合は平均1500字の記事を「1ヶ月目は1記事1時間半」「2ヶ月目は1記事1時間」「3ヶ月目は1記事25分」と作成できるようになり、3ヶ月目では集中力も上がったため一日8~10記事を作成するようになっていました。

最初は最低賃金以下の収入でめげそうになる方も多いと思いますが、努力することでできるようになります。1件500円の記事だとしても1時間に2件以上書けるようになることで時給1000円を超えることができます。

すき間時間でしっかりと収入を得られるように頑張っていきましょう。

■まとめ

ライティングの内職でライターが時給1000円を超えるコツについて簡単にまとめるとこのようになります。

・やる気を失わずに続ける

・文章構成をテンプレート化して時短

・時間の割り振りを決めて急ぐ癖をつける

努力はスキルアップに欠かせません。しっかりと頑張って習得しましょう。