2017年9月Googleアドセンスの審査中はコレをチェック!

このカテゴリの新着記事
ランキングTOP10

この記事では、Googleアドセンスの審査中に不安を感じた際のチェックしておくべき項目について詳しくお届けしています。

サイトを準備して「Googleアドセンスを取得したい」と思う方は少なくありません。現在では取得希望者が増えてきたことにより、審査の方法が少し変わってきています。

また、昔よりも難しくなったと感じている方が多いため、受かる確率を上げるためにもしっかりとポイントを押さえておきましょう。

■Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントとは

Googleアドセンスの審査を受けるために、禁止項目などはチェック済みだと思います。「なかなか結果が来ない」と不安になる方も多いと思います。

まず、Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントは、こちらの5つになります。

・合格通知には時間がかかる

・できるだけ毎日記事を書く

・閲覧者がサイト内を見やすい工夫をする

・著作権のある画像は絶対に使用しない

・アドセンスのコードを貼り間違えに要注意

・アドセンスのページはチェックする

それでは詳しく解説していきます。

・合格通知には時間がかかる

Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントは、3日経っても通知が来ないからと不安に思わないことです。

Googleアドセンスの審査中画面には「審査には3日、またはそれ以上~」のような記載が表示されます。しかし、取得希望者が多いため実際に結果が出るまでには時間がかかります。

3日返答が来てないからと焦らずにじっと待ちましょう。明らかに不合格な場合は1~3日で不合格通知が来ることが多いと言われています。

返答が遅いということは「迷うレベル」もしくは「合格レベル」の可能性が高いです。結果までに1ヶ月以上かかってしまうこともあるため、なるべくサイトを充実させることに専念しましょう。

・できるだけ毎日記事を書く

Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントは、できるだけ毎日記事を書く事です。

動きのあるサイトは「やる気がある」と思ってもらえる可能性があります。自分が審査員の立場だとしたら、変化のないサイトよりも更新されているサイトの方が印象が良いはずです。

必ず毎日更新しなければいけないわけではありませんが、できる限り更新するように心がけましょう。

グーグルアドセンスを取得することに気持ちが向いてしまいがちですが、実際に大切なのは取得後に収益を生み出すことです。

記事がないとPV数や集客を得ることができません。しっかりと更新することは今後の収益に大きく影響してくるため、できる限り更新する習慣をつけていきましょう。

・閲覧者がサイト内を見やすい工夫をする

Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントは、閲覧者がサイト内を見やすいように工夫することです。

プライバシーポリシーの表示やプロフィールは基本ですが、「記事から記事へ」などの見やすさも考慮する必要があります。

他サイトでは「テンプレートは変更しないほうが良い」「不合格だった場合はサイトを新規開設すべき」のような表現が見受けられます。

しかし、よく考えてみてください。テンプレートを変更することで、サイトをより充実させることができます。不合格だからと新規開設してしまうと、今まで書いてきた記事でやっと増えつつあるPV数を手放すことにも繋がります。

Googleアドセンスの取得に向けて作成されたサイトであれば、記事に問題があるような内容を書く事はまず無いと思います。今後に繋げるためにもしっかりとサイト作りを行いましょう。

・著作権のある画像は絶対に使用しない

Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントは、当たり前のことですが著作権のある画像は絶対に使用してはいけないことです。

著作権に触れるような画像を載せているサイトは、まず不合格になります。モラルのあるサイト作りを心がけましょう。

Googleアドセンスの審査を受ける際は「画像は使用しないほう良い」という方もいます。しかし、画像がないと寂しいサイトになってしまいます。

著作権フリー・商用可で公開されている画像は、規約に沿った方法で使用することが可能です。「画像を使用したから不合格になる」という定めはありません。

画像の内容がいかがわしいものになってしまうのは問題ですが、通常使用できる画像は使っても大丈夫です。見ごたえのあるサイト作りを心がけましょう。

・アドセンスのコードを貼り間違えに要注意

Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントは、アドセンスコードの貼り間違えに注意することです。

従来の審査では「一次審査」「二次審査」に分けて審査が行われていました。しかし、最近ではこの二つの審査をひとつにまとめて審査が行われています。

審査内容が簡単になったのではなく、一次審査と二次審査で確認されていた内容を一度にチェックするようになっただけです。

審査がひとつにまとまったことで、申請直後からアドセンスコードの貼り付けを行う必要があります。

「<head></head>内に…」

という記載があります。このコードを入れ間違えてしまうと審査が行えずに、時間ばかりが経過してしまうため注意が必要です。

サイト画面上でコードを表示させて確認してみましょう。

アドセンスコードを入力する際は

<head>

<!– google Adsense –>

コードをコピペ

<!– google Adsense –>

</head>

と入力すると、審査員の方も確認しやすくなるため親切だと思います。自分でも確認しやすくなるためぜひ取り入れてみましょう。

・アドセンスのページはチェックする

Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントは、メールが来なくてもアドセンスのページはチェックしておくことです。

稀にメールの受信がスムーズに行えていないことがあります。Googleアドセンスのサイトで表示に変更がないかを日々確認してみましょう。

しっかりと対策を行ってGoogleアドセンスを取得し、収益に繋げていきましょう。

■まとめ

Googleアドセンスの審査中にチェックしておくべきポイントについて簡単にまとめるとこのような形になります。

・合格通知には時間がかかる

・できるだけ毎日記事を書く

・閲覧者がサイト内を見やすい工夫をする

・著作権のある画像は絶対に使用しない

・アドセンスのコードを貼り間違えに要注意

・アドセンスのページはチェックする

ポイントを押さえて頑張っていきましょう。