手作り石鹸の簡単なグリセリンソープの作り方

このカテゴリの新着記事
ランキングTOP10

この記事では、手作り石鹸を作る際にグリセリンを使うグリセリンソープの簡単な作り方についてお届けしています。

手作り石鹸でおしゃれなグリセリンソープは、実は数時間で作ることが出来ます。

飾っても可愛く、好みの香りを付けて楽しむこともできるのでとてもおすすめです。ぜひハンドメイドで手作り石鹸を作ってみましょう。

今回は、手作り石鹸の簡単なグリセリンソープの作り方についてお届けします。

手作り石鹸の簡単なグリセリンソープの作り方とは

手作り石鹸の簡単なグリセリンソープの作り方はこちらになります。

  • 材料を揃える
  • 石鹸の液を作る
  • 乾燥させる

それでは詳しく解説していきます。

材料を揃える

手作り石鹸の簡単なグリセリンソープの作り方は、必要な材料を揃えることです。

グリセリンソープを簡単に作るには、元となるグリセリンソープを使用するのがおすすめです。具体的な材料はこちらです。

  • グリセリンソープ(MPソープ)
  • アロマオイル
  • 食用色素(食紅など)もしくはコーヒーなどもok

グリセリンソープはそのまま石鹸として使用することもできるものです。ネットでは500g単位などで売られていることが多く、手作りに飽きてもそのまま石鹸として使用できるためおすすめです。

アロマオイルは香り付けです。香りを付けたい場合は好みのオイルを用意しましょう。

着色は食用色素やコーヒー、お茶などでも行うことができます。鮮やかなものを作るには、発色の綺麗な食用色素がおすすめです。

石鹸の液を作る

手作り石鹸の簡単なグリセリンソープの作り方は、溶かして石鹸の液を作ることです。

グリセリンソープを刻んだ状態で、「湯煎」か「電子レンジ」で溶かします。ダマにならないようにこまめに混ぜながら、ゆっくりと溶かしていきましょう。

グリセリンソープが溶けたら着色です。デザインに合わせた方法で行うと綺麗に混ぜることができます。

  • 全面をムラなく同じ色にする…食用色素を水に溶いてから石鹸の液と混ぜ合わせる
  • マーブル模様のような濃淡のある発色にする…直接石鹸の液と混ぜ合わせる

同時にアロマオイルも使用して、好みの香りをつけていきます。香りが濃くなりすぎてしまわないように、少量ずつ足していきましょう。

乾燥させる

手作り石鹸の簡単なグリセリンソープの作り方は、型に入れて乾燥させることです。

石鹸の液に着色や香りづけができたら、好みの型に流し込みます。1時間ほど放置すると少し固くなり、型から外すことができます。

型から外したあとは、風通しの良い場所に置いてしっかりと乾かしましょう。

このような簡単な手順であれば、数時間から半日くらいでグリセリンソープが完成するためとてもおすすめです。

手軽におしゃれな石鹸を作ることができるため、ぜひ試してみましょう。

まとめ

手作り石鹸の簡単なグリセリンソープの作り方について、簡単にまとめるとこのような形になります。

  • 好みにあった材料を揃える
  • 溶かして石鹸の液を作る
  • しっかりと乾燥させる

作り方を覚えて様々なデザインにチャレンジしましょう。