主婦にオススメ!社会復帰前に取得すべき7つの資格とは

このカテゴリの新着記事
ランキングTOP10

この記事では、主婦が就職して社会復帰をする前に取得しておきたい資格についてお届けしています。

資格を取得しておくことは主婦だけでなく、就職や転職を行う際にも有利となるものです。特に主婦の方は家事や育児などの都合で、働くことのできる時間が限られてしまいます。少しでも自分をアピールできる資格を取得することがおすすめです。

今回は、主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格についてお届けしていきます。

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格とは

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格について、順番に解説していきます。

簿記検定

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格は、経理事務や一般事務が有利になる簿記検定です。

試験が年に3回程度ある「簿記検定」は、忙しい主婦の方でも独学で学びやすいためとてもおすすめです。

経理事務や一般事務で働きたい方は実務で役立つ資格なため、重要視されやすい資格です。

事務職を希望するのであれば、積極的に取得しておくことがおすすめです。

主婦におすすめな在宅ワークの求人サイト3選!

歯科助手

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格は、歯科医院でのサポート業務を行う歯科助手です。

歯科医院は自宅近辺でも見つけやすい職場で、安定した勤務を出来ることが多いです。

歯科医師・歯科衛生士の手助けをするこ職種で、主婦の方でも努めやすいところが魅力的です。

全国共通の資格となっているため、取得しておくことで夫の急な転勤にも対応しやすくなります。

保育士

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格は、やりがいを見つけやすい保育士です。

出産や育児の経験がある主婦の方は、自分の経験を活かしやすい職種です。子どもの成長を感じられる職種で、やりがいが生まれやすいところも魅力的です。

保育所や児童福祉施設、企業内保育所などといった場面で役に立つ資格です。

需要が高い資格なため、子どもが好きな主婦の方にとてもおすすめです。

介護事務

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格は、介護関係の事務職に役立つ介護事務です。

介護事務は「介護報酬請求業務」「受付・電話応対」「シフト管理」といった事務全般を担当することのある職種です。

デスクワークがメインとなるため、年齢にこだわらずに務めることができ、安定して勤務できることが魅力的です。

介護関係は高齢化社会のため重要視されている部分もあり、介護事務を持っていることで就職しやすくなることはとても魅力的です。

医療事務

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格は、医療関係の事務職に役立つ医療事務です。

医療関係の事務職は、雇用形態が安定していることが多いため人気のある職種です。

年齢にこだわらずに務めることができ、体力仕事でないところも主婦におすすめできるポイントです。

女性の多い職種でもあるため、主婦の方でも働きやすい環境が整っていることが多いです。

調剤薬局事務

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格は、薬剤師をサポートする調剤薬局事務です。

調剤薬局での就職では「保険の確認」「レセプト(調剤報酬明細書)の作成」などを行う調剤薬局事務という職種があります。

受付や会計なども行う職種ですが、医療事務よりも取得しやすい資格と言われています。

時間にこだわらずに勉強することも可能なため、家事や子育てが落ち着いた夜間に勉強できることも魅力的です。

インテリアコーディネーター

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格は、住まいのアドバイスを行うインテリアコーディネーターです。

不動産・インテリアショップ・設計事務所などといった幅広い職種で役立つ資格です。

自分のセンスを活かして働けることから、やりがいや楽しみを感じやすいところが魅力的です。

資格取得のために勉強することで、自分の私生活にも取り入れることができます。住まいを作ることが好きな方にとてもおすすめです。

まとめ

主婦が社会復帰する前に取得しておくべき資格について、簡単にまとめるとこのような形になります。

  • 簿記検定
  • 歯科助手
  • 保育士
  • 介護事務
  • 医療事務
  • 調剤薬局事務
  • インテリアコーディネーター

自分に合った資格を取得して、希望する就職を叶えやすくしましょう。