Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボディバターやボディクリーム・ローションの違いと選び方のポイント

このカテゴリの新着記事
今日のランキング

この記事では、体の保湿に使用する「ボディバター」「ボディクリーム」「ボディローション」「ボディオイル」の違いと、選ぶポイントについてお届けしています。

カラダの保湿ケアは時期に関係なく行うことで、乾燥や肌トラブルを減らすことができるためおすすめです。

カラダの保湿を行うものとして「ボディバター」「ボディクリーム」「ボディローション」「ボディオイル」などの様々な種類があります。

どれを使っても良いわけではなく、効果を高めるには用途に合ったものを使用する必要があります。せっかく行うケアであれば効果的なものを使用しましょう。

今回は、ボディオイルやボディクリームとボディローションの違いについてと、選ぶ際のポイントについてお届けしていきます。

ボディバターやボディクリームとボディローションなどの違いとは

ボディバターやボディクリームとボディオイルなどの違いは主に保湿力とテクスチャです。ボディローションは化粧水の役割のようなものです。

それでは詳しく解説していきます。

ボディーローションとは

ボディローションは肌に一時的な水分を与える「化粧水」のことです。

ボディケアに使用するものの中で、テクスチャーは一番サッパリとしています。保湿目的やマッサージに使用することができ、ほとんどのものは無油分となっています。

「背中」「デコルテ」などのニキビのできやすい油分の多い部位に使用する際は、このボディーローションのみで済ませることができます。

しかし、油分を含んでいないボディーローションは「一時的に水分を与えるもの」なため、時間とともに水分が蒸発してしまいます。そのため、しっかりと保湿を行うには油分で蒸発を防ぐフタをする必要があります。

乾燥しやすい部分やカサカサが気になる部分には、油分のあるクリーム類と併用して使用するように心がけましょう。

ボディーミルクとは

ボディクリームは油分を含んだ「乳液」のようなものです。

ボディケアで油分を含んだものの中では1番油分が少ないものになります。クリームやバターに比べてべたつきが少なく、手軽に使用することができるものになります。

しかし、油分が少ないことから保湿力はやや低めです。乾燥の少ない夏場や、集中ケアが行えない時の応急処置として使用することがオススメです。

ボディクリームとは

ボディクリームはボディクリームよりも油分が多いボディケア用品です。

テクスチャはこってりとした感じで、ボディミルクよりも重たい印象を受けます。かさつきが二期なる部分や、乾燥しやすい部分にはボディクリームを使用することがオススメです。

油分が多いため塗りにくくなってしまうことがあります。そんな時は「手のひらでクリームを温める」「お風呂上がりの温かい肌に使用する」「体が濡れた状態で使用する」ことで、塗り伸ばしやすくすることができます。

ボディバターとは

ボディバターはボディクリームよりも油分の強い保湿ケア用品です。

テクスチャーが重く塗りにくいと感じてしまうことや、べたつきや付け心地が重く感じてしまうことがあります。

しかし、保湿力に優れているため冬場などの乾燥しやすい時期には特におすすめです。

ボディバターは「植物性油脂」で作られており、食用のバターとは別物になります。固形を温めることで液状に変化することから「バター」と呼ばれています。

ボディオイルとは

ボディオイルはボディクリームよりも浸透力に優れたものです。

保湿力はボディクリームと並ぶくらい優れており、液状で浸透力が高いと言われています。マッサージに使用すると肌を柔らかくすることができ、肌の状態を整えることができます。

ボディーオイルには様々な種類があり、欲しい効果に合わせてオイルを選ぶことが必要です。オイルの種類によって酸化してしまう速度や使用感も変わり、肌トラブルを招く恐れがある酸化したオイルは使用を控える必要があります。

ボディーオイルはボディークリームと混ぜて使用することもできるため、肌の状態に合わせて必要な保湿効果を得ることができます。

人気の高いオイルはこちらになります。

  • アルガンオイル…アンチエイジング効果に優れている
  • オリーブオイル…アンチエイジング効果に優れている
  • ホホバオイル…べたつきにくく使用しやすい
  • ローズヒップオイル…酸化が早いが美容効果が高い

ボディバターやボディクリームとボディローションを選ぶポイントとは

ボディバターやボディクリームとボディローションを選ぶポイントとは、乾燥度合いに合わせて使用することです。

乾燥している肌や乾燥しやすい環境にある時は、保湿力の強い「ボディークリーム」「ボディーバター」「ボディーオイル」などを使用することがオススメです。

乾燥しにくい時期やニキビができやすい場所は「ボディミルク」や「ボディーローションのみ」といった調整を行って肌の状態を整えていきましょう。

保湿不足は肌荒れなどのトラブルの原因になりますが、必要以上に保湿ケアを行ってしまうこともオススメできません。保湿ケアに依存してしまう可能性もあるため、肌の状態に合わせたケアを行うように心がけましょう。

まとめ

ボディバターやボディクリームとボディローションの違いと選ぶポイントについて簡単にまとめると、このような形になります。

  • ボディーローションは化粧水の役割がある
  • ボディーミルクは乳液の役割がある
  • ボディークリームはミルクより保湿力が高い
  • ボディーバターは保湿力に優れている
  • ボディオイルは浸透力に優れている

自分の肌に合ったケアを行って、適切な乾燥対策を行いましょう。