デッキ編成の方法や上手に組むコツ【TEPPEN攻略】

アプリ「TEPPEN」は、カスタマイズ次第で勝敗に大きく影響するデッキの組み方に悩む方もいるかもしれません。 そこで、今回はTEPPENのデッキの組み方や操作方法などの情報をまとめていきます。 TEPPENのデッキとは デッキ編成の基本ル...

アプリ「TEPPEN」は、カスタマイズ次第で勝敗に大きく影響するデッキの組み方に悩む方もいるかもしれません。

そこで、今回はTEPPENのデッキの組み方や操作方法などの情報をまとめていきます。

TEPPENのデッキとは

デッキ編成の基本ルール

  • デッキ:30枚のカードの組み合わせ
  • 同一のカードは1デッキに3枚まで使用できる
  • 同一レジェンダリー/レアリティは1デッキに1枚まで
  • デッキ内の属性が増えるとバトル中MPの上限が減る

デッキ編成のポイント

1つのデッキは、30枚のカードを組み合わせて作ります。

そのため、30枚のカードをいかに上手く組み合わせるのかが、勝敗へ影響するとも言えます。

また、「同じカードを使いたい」と思う事があるかもしれません。

同じカードは1つのデッキに3枚まで使用できるので、お気に入りのカードがあれば投入しましょう。

ただ、「レジェンダリー」レアリティのカードは、1デッキにつき1枚までとなっています。

デッキを作る上で忘れていはいけないのが、属性はなるべく揃えるべきということです。

デッキ内は色分けされている属性の数が増えてしまうほど、バトルで使えるMPの上限が減ってしまいます。

MPを減らさない対策として、なるべく属性の色は揃えるように心がけましょう。


TEPPENのデッキの便利機能

ステータスの確認

デッキ編成画面の右下に表示されている数字は、バトル中に使用できるMPの上限が表示されています。

また、その横に表示されているマークをみると、デッキ内に使用されている属性や色が表示されています。

セット中のカード枚数が「●●/30」と表示され、その下にはユニットカードの枚数「U」とアクションカードの枚数「A」が表示されています。

フィルター機能

デッキ編成を行う際に、カードの枚数が増えてくると使用したいカードを探し出すことが大変に感じることがあるかもしれません。

このような時は、フィルター機能を使いましよう。

デッキ編成画面の下部に表示されている「FILTER」から、検索したい属性や「U」のユニットカード、「A」のアクションカードをサー津することができます。

サーチボックスでカード名を検索することも可能です。

カードの詳細を確認

デッキ編成画面では、一覧に表示されているカードをタップすると、カードの詳細情報を確認することができます。

内容を確認し、「+」と「-」マークでデッキに直接挿入することも可能です。

また、カードの効果がわからないときは、カードの説明文に記載されている黄色の文字を押すと、その意味を詳しく見ることが可能です。

TEPPENのデッキを編成する方法

初心者はアシスト編成

アシスト編成は、使いたいカードや属性を選択するだけで、残りのカードを自動で割り当ててデッキ編成が行える機能です。

デッキを全て編成することが難しい場合は、アシスト編成を活用して、デッキを完成させましょう。

デッキ編成の手順

  1. 属性とフォーマットを選択する
  2. 右側に表示されているデッキにカードを追加する
  3. デッキ構成を終了する

TEPPENでの分解や生成の方法

TEPPENのカード詳細画面では、分解や生成といった作業が行えます。

  • 分解:使わないカードをソウルに変える
  • 生成:ソウルを消費してカードを作る

ただ、一部のカードは分解や生成といった操作が行えません。

また、分解すると元のカードはなくなってしまうので、分解や生成を行うときはよく考えることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました