ムラにならないジェルネイルの塗り方はコレ!

このカテゴリの新着記事
ランキングTOP10

この記事では、ジェルネイルを行う際のムラにならない塗り方についてお届けしています。

セルフネイルを行っていると、カラージェルがムラになると感じる方も多いです。今回は、セルフネイルをきれいに仕上げるための「ムラにならないジェルネイルの塗り方」について、この3つのポイントを詳しくお届けしていきます。

  • 濃いカラーはムラになりにくい
  • セルフレベリングを利用する
  • 厚塗りしない

ムラにならないジェルネイルの塗り方とは

セルフネイルをきれいに仕上げるための「ムラにならないジェルネイルの塗り方」のポイントはこの3つです。

  • 濃いカラーはムラになりにくい
  • セルフレベリングを利用する
  • 厚塗りしない

それでは詳しくお届けしていきます。

濃いカラーはムラになりにくい

セルフネイルをきれいに仕上げるための「ムラにならないジェルネイルの塗り方」のポイントは、濃いカラーを使用するとムラになりにくいことです。

セルフネイルを行う際に濃いカラーの「赤」「濃いピンク」「黒」などを使用すると、比較的簡単に綺麗な仕上がりをつくることができます。

薄いカラーの「白」「薄いピンク」「ベージュ」などを使用すると、ジェルの性質上ムラになりやすいため注意が必要です。

また、ジェルを塗る際はハケを押し当ててしまうと凹凸ができてしまい、ムラになるため気をつけましょう。

セルフレベリングを利用する

セルフネイルをきれいに仕上げるための「ムラにならないジェルネイルの塗り方」のポイントは、セルフレベリングを待ってジェルを馴染ませることです。

セルフレベリングとは、爪に乗せたジェルが馴染むことで、自然と均等にすることができます。

このセルフレベリングは、ジェルネイルを爪に乗せたあと、10秒程度そのままにすることで効果を得ることができます。

つい「塗ったら硬化」を行いたくなってしまいますが、この置く時間はムラをなくすためにとても大切です。

綺麗な仕上がりにするために、焦らず行うように心がけましょう。

厚塗りしない

セルフネイルをきれいに仕上げるための「ムラにならないジェルネイルの塗り方」のポイントは、発色が薄いからと厚塗りしないことです。

ジェルネイルを行う際に発色が薄いと、つい厚塗りしてしまう方もいると思います。しかし、厚塗りは凹凸ができやすくムラになりやすいため注意が必要です。

適度な厚さで硬化することで、ムラなく仕上げることができます。また、リフトもしにくくなるため厚塗りは控えましょう。

ジェルの発色は1度で仕上げようとしないことです。発色が薄い場合は2度塗り、3度塗りがおすすめです。

また、厚塗りにしてしまうと硬化後も固まりきっていないジェルが出来てしまい、失敗ネイルに繋がる恐れがあるため気をつけましょう。

【→ジェルネイルのセルフネイルを綺麗に仕上げるコツとは

まとめ

セルフネイルをきれいに仕上げるための「ムラにならないジェルネイルの塗り方」のポイントについて、簡単にまとめるとこのような形になります。

  • 濃いカラーはムラになりにくいためおすすめ
  • セルフレベリングを利用して均一にする
  • 失敗ネイルに繋がるため厚塗りしない

綺麗な仕上がりを手に入れて、セルフネイルを楽しみましょう。