初めてのレジンアートに必要なものはこの6個!

このカテゴリの新着記事
ランキングTOP10

この記事では、ハンドメイドにチャレンジする際の初めてのレジンアートに必要なものについてお届けしています。

レジンアートを趣味にして楽しみたいと思っても、何を用意したらよいのかわからないですよね。

買いすぎてしまって使わなかったらもったいないです!そこで今回はレジンアートを始める際に準備すべきセット内容をお届けします。

■初めてのレジンアートに必要なものとは?

初めてのレジンアートに必要なものはこちらになります。

・UVレジン液
・UVライト
・爪楊枝
・ピンセット
・クリアファイル
・小さめな筆

では、詳しく解説していきます!

・UVレジン液

初めてのレジンアートに必要なものは、ガラスのように固まるUVレジン液です。
UVレジン液は「ユザワヤ」のものが人気で、近頃では100円ショップなどでも売られています。
手軽に購入することができるようになり、お子さんと一緒に楽しむこともできるので人気が高いです。
無色透明なものが主流ですが、中には着色されているものもあるので好みに合わせて選びましょう。

「ソフト」「ハード」などの表記は、固まった後の硬さです。使用用途に合わせて硬さを選ぶことで品質の高いものを作ることができます。

UVレジン液はメーカーによって品質が異なるので、中には硬化後にベタベタしてしまうことや綺麗な透明感が出にくいものもあります。

初心者の方は少し高くても評価の高いものを使用した方が成功する確率が上がります。

・UVライト

初めてのレジンアートに必要なものは、UVレジン液を固めることができるUVライトです。

パーツショップなどに売られているUVレジン専用のタイプを購入するのが安心です。

UVライトはジェルネイルでも使用されていますが、ワット数により硬化しないことがあるので専用のものを用意するのが無難です。

太陽光でも硬化できるものもありますが、ホコリの混入や硬化までに日数がかかります。

最近では安価で手に入るようになってきているので、素敵なひと品を作るためにもUVライトはひとつ用意しておきましょう。

・爪楊枝

初めてのレジンアートに必要なものは、気泡を潰すことのできる爪楊枝です。
UVレジン液を流し込む際に気泡ができることが多いです。そのまま硬化してしまうとイマイチな出来栄えに…。爪楊枝でそっと潰していきましょう。
また、UVレジン液に色を付ける時に混ぜることや表面を整えるのに便利です。ご家庭で使う方も多いと思いますので数本用意しておきましょう。

・ピンセット

初めてのレジンアートに必要なものは、パーツをはさむピンセットです。

レジンアートでとても重要なパーツの配置に必要です。毛抜きのようなピンセットではなく、ネイルなどに使用する精密ピンセットを用意しましょう。

指で乗せると裏返ってしまったり、細かな修正が難しくゴミも混入しやすくなってしまいます。100円ショップにも売っているので用意しておきましょう。

・クリアファイル

初めてのレジンアートに必要なものは、土台の下に置くクリアファイルです。
クリアファイルはレジンアートを施した土台を移動させやすくするためにあると便利です。
土台がしっかりと乗り、テーブルからライトへ移動させやすいようにある程度のサイズに切って使いましょう。
レジンアートを施した土台を直接持って移動もできますが、ぷっくりと乗っているレジンをこぼさないように移動するのはなかなか難しかったります。
アートをする前にクリアファイルを用意しておくと便利です。

・小さめの筆

初めてのレジンアートに必要なものは、立体感を出す際に便利な小さめの筆です。
小さめの筆は、立体感を出すときや均一に塗る際に使用するとスムーズに作業することができます。
いろいろな用途に合わせて使用することができるので、筆を用意しておくととても便利だと思います。

■まとめ

初めてのレジンアートに必要なものについてを簡単にまとめますと、

・UVレジン液は必需品
・UVライトは液を固める
・爪楊枝で気泡を潰す
・ピンセットでアートをする
・クリアファイルで移動する
・小さめな筆で細かな作業ができる

と、こんな感じです!
とてもおすすめなのでぜひ試してみてください。